BardからGeminiに。使い方はどう変わる?日本語対応は? / いがわ

.

Memos

Geminiの使い方。日本語や、料金は?

Geminiでも使い方は変わらず、日本語もOK。 Geminiに名称変更。ブランド統一へ。 Gemini(ジェミニ)。 Geminiは、日本語で双子座という意味。読み方は「ジェミニ」となった。 Geminiのモデル。 Gemini Ultra – 非常に複雑なタスクに対応する、高性能かつ最大のモデル Gemini Pro – 幅広いタスクに対応する最良の...

Geminiの画像生成。使い方について。

Geminiの使い方。画像生成の例。 Geminiの画像生成。 テキストから画像生成。 Googleの生成AI、「Bard」が画像生成をスタート。 ChatGPTやCopilotのように、テキストによる指示で画像が生成ができる。 (※2024年2月8日に、BardからGemini(ジェミニ)に名称が変更。) ※使い方の注意点。 生成AIは仕様が頻繁...

Geminiの画像認識の使い方。日本語でも可。

Bard(Gemini)が画像認識を開始。 Geminiで画像認識。 Googleレンズの機能で。 Google検索の際に現れる、画像検索用のGoogleレンズの機能を使って、 Geminiは画像を認識できる。 Geminiは画像認識を含め無料で使え、Googleアカウントでログインすると、すぐに利用できる。 (※ログインしなくても使用可能だが、機能が限定的と...

AIとウソ問題。対処方法は?サリヴァン先生とサングラス。

Bingとの会話の中で。 ※敬称略 BingはGPT-4の技術を利用し、画像の認識もできるという。 ただし、やはり、間に受けてはいけない。 多くの人は、AIとの会話の中で生じる明らかな間違いや、意図しないミステイク的なものにはもう、慣れていると思われる。 急激に普及したとは言え、まだまだ開発段階。 (※OpenAI社やMicrosoft社、Google社...

Bardの使い方。日本語対応、かつ無料。スマホでも。

Bard(Gemini)の使い方。 使い方としては、ただただシンプル。Bardへログインするだけ。 もともとブラウザでGmailやスプレッドシートなどを利用していれば、おそらくすでにGoogleアカウントでログインされている。 パソコンからでもスマホからでも。 Bard(Gemini)はパソコンでもスマホでも、ChatGPTにように簡単に使える。 何か...

BardとChatGPTの違い。なぜAIたちは日本語が苦手なのだろうか?

プログラムや言語モデルとは思えないイージーなミス。 ※敬称略 自然な文章を生成。 2022年のChatGPT(チャットGPT)の登場は、自然な文章で会話ができることに大きな驚きがあった。 それまでのAIチャットと比べ、明らかにレベルが違っていた。 まずこの「自然な文章・文体」について、多くの人たちは驚いただろう。 間違いを回答する文章も生成。 ...

Gemini(Bard)が日本語対応。使い方の例。

Bard(Gemini)が日本語で使えるように。 Bard(Gemini)が日本語対応。 Google社が公式に発表していた、生成AI「Bard」の日本語が対応スタート。 Googleアカウントがあれば、無料ですぐに使える。 BardからGeminiに名前が変わっても、ログイン方法や使い方は同じ。 Geminiにできること。 Ge...

GoogleのBardは、OpenAIのChatGPTを越えられるだろうか?

ChatGPTはスタートで先行。 OpenAIの名はその分野では数年前からすでに有名だったそうだが、一般世間的には昨年末から今年の初めに一気に知れ渡った。 ChatGPTの発表がその一番の要因だが、これはある意味OpenAI社側でも予想以上だったそうだ。 結果的に、会話型、対話型のAIチャットサービスとしては、スタートダッシュに成功した形となっている。 Ch...