FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

Figmaのプラグイン「Olive Press」とは?

WebPで書き出すことが増えている。個人的にはWeb用の画像のほとんどは.webp形式を使用している。

現時点、FigmaやIllustratorなどのソフトはデフォルトでWebPは書き出せないが、画像形式を変換できるWebサイトはネット上に多々ある。

また、Figmaのプラグイン「Olive Press」は、Figmaから直接.webp形式で書き出すことができる。

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressプラグイン。

作者:Alex Vale さま
プラグインサイト:Olive Press – Image Compression


Olive Pressのインストールと使い方。

petsインストールは簡単。数ステップで。

インストール方法。

インストールは上部ツールバー > 「Resources(リソース)」から、「Olive Press」で検索する。(小文字でも可。)

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressのインストール手順。

「Olive Press」のパネルが表示されたら、「Run(実行)」をクリック。

インストールはこれで完了。

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressのインストール手順。

右クリックメニュー、または、プラグインの配布サイトOlive Pressからでもインストール可能。)


「Olive Press」パネルの開き方。

「Main menu(メインメニュー)」 > 「Plugins(プラグイン)」 > 「Olive Press」で開く。

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressのインストール手順。

右クリックメニューからでも可。)


「Olive Press」のパネルでWEBPを選択する。

書き出したい画像を選択し、「Olive Press」のパネル左下のプルダウンメニューで「WEBP」を指定する。

ここでJPGなどにすると書き出し時に.webpにならないので注意。)

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。


右上の「歯車」のマークから「Settings」を開く。

JPGやPNG、WEBPの項目がある。スライダーや左下のプルダウンメニューから圧縮の具合を調整する。

その後、「Save」をクリック。

ファイルが保存されるというわけではなく、設定が保存される。)

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。


左下の「+」マークをクリックすると、「Files」の項目にファイル名が表示される。

ここで、レスポンシブ用に書き出す画像サイズ(1×や2×など)を決めることができる。

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。

サイズや書き出し形式(WEBP)を確認後は、「Compress」のボタンをクリックする。

左下の表示は「WEBP」でなくてもよい。

仮に左下がJPGでも、「Files」の項目の右側が「WEBP」であれば.webp形式で保存される。)

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。

すると、WebPファイルがダウンロードされる。

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。

今回は「1234 × 1766」の画像サイズで、「1×」、「Medium」を選択。その結果わずか42KBだった。

メインビジュアル的の用途としては画質が粗いが、サムネイルには使えるだろう。

ちなみにJPGやPNG、WebPなどWeb用の画像形式は約1670万色の色数を扱えるが、絵画の場合、厳密な色の再現は難しい。)

画像出典:Wikipedia – 『真珠の耳飾りの少女』1665年頃。マウリッツハイス美術館(ハーグ)。


補足。Figmaのグループ化と、著作権について。

グループ化。

Figmaで編集した写真や画像を書き出す際は、Olive Pressに限らずグループ化が必須となっている。

グループ化は、ショートカットや右クリックメニューから可能。

ショートカット。
  • Mac:「command」 + 「G」
  • Win:「Ctrl」 + 「G」

FigmaからWebPで書き出しす方法。Olive Pressの使い方。

著作権について。

Johannes Vermeer(ヨハネス・フェルメール)の絵画は著作権が切れており、今回使用させていただいた「真珠の耳飾りの少女」はパブリックドメインとなっているので自由に使える。(作者への敬意を忘れずに、常識の範囲内で。)

Picasso(ピカソ)やDalí(ダリ)、レオナール・フジタ (藤田嗣治)、Warhol(ウォーホル)などは著作権が切れていないので注意が必要。

(基本的に作者の没後70年間は著作権が保護される。保護期間は2018年12月29日までは50年だったのでお気をつけて。)


Figma プラグイン関連メモ。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。