Figmaの印刷データ用プラグイン「Print for Figma」の使い方。ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

Print for Figma。Figmaの印刷データ用プラグインの使い方。

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

Print for Figma。Figmaの印刷用プラグインとは?

Figmaはもともとデジタルデバイス向けのツールだが、工夫すればDTPやグラフィックデザインも可能だ。IllustratorやPhotoshopでの知識や経験があればやってやれないことはない。

逆に、Figmaは元々Photoshopを意識して作られたデザインツールなので、カラーパレットやレイヤーなどの機能やインターフェイス、ペンツールや図形、テキストのツール、ショートカットなど、操作上の共通点も多々ある。

そのため、IllustratorやPhotoshopの前の入門としての利用するのもありだと思う。

また、今後アップデートを重ね、DTP向けにCMYKやmmなどにも対応してくる可能性もある。

Print for Figmaのページ。

作者:Ben Katz さま
プラグインサイト:Print for Figma

Figmaで印刷用データを作成するサポートをしてくれるプラグイン、「Print for Figma」。

英語だが、シンプルな単語のメニューばかりなので普通になんとかなる。


Print for Figmaの使い方。

petsインストールは簡単。数ステップで。

インストール方法。

インストールは上部メニューの「Resources(リソース)」から、「Print for Figma」で検索する。

Print for Figmaのインストール方法。

「Print for Figma」のパネルが表示されたら、「Run(実行)」をクリック。

Print for Figmaのインストール。

右クリックメニュー、または、プラグインの配布サイトPrint for Figmaからでもインストール可能。


「Print for Figma」パネルの開き方。

「Main menu(メインメニュー)」 > 「Plugins(プラグイン)」 > 「Print for Figma」で開く。

右クリックメニューからでも可。

Print for Figma。Figmaの印刷データ用プラグインの使い方。

再起動などは不要で、そのまますぐに使うことができる。


「Print for Figma」のパネルでフレームの設定をする。

プリセットの項目が出るので、作成する用紙サイズや解像度の設定を行う。

今回は「Miscellaneous(その他)」 > 「Business Card(ビジネスカード)」を選択。

初期設定はアメリカのサイズ「3.5inch×2inch」となっている。

Print for Figmaの設定。

日本用に、「Width(幅)」と「Height(高さ)」を「91mm×55mm」に、「Unit(単位)」を「mm」に変更する。

人と違ったおしゃれ感を出すためや、欧米を股に掛ける場合は欧米サイズもありかもしれない。

Print for Figmaの設定。

「Advanced」をクリックすると、メニューが開くので、「Scale Document to DPI」で解像度を「300」に変更する。

Print for Figmaの設定。

「Create」をクリックして設定は完了。


名刺サイズのフレームが作成される。

「91mm×55mm」のサイズのフレームが作成される。

フレーム下部や右サイドのパネルの単位はあくまでも「pixel」だが、解像度(300dpi)から計算されたピクセルサイズとなっている。

Print for Figmaの設定。


塗り足し分をつける場合は97mm×61mmにする。

実際の印刷データでは名刺の場合上下左右に3mmの塗り足しが必要となる。なのでWidthとHeightの値はそれぞれ+6mmで設定する。

Print for Figmaの設定。

その分、ピクセルサイズも大きくなる。

Print for Figmaの設定。

自分用のシンプルな名刺デザイン。

Print for Figma。Figmaの印刷データ。

書き出しは印刷会社に合わせたPDFデータで。


参考メモ。

参考:Figmaで名刺を作る方法。デザインから入稿前の仕上げまで。
参考:Figmaで名刺印刷。グラフィックで実際に発注、PDF入稿してみた手順。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。