Llama 3。無料でオープンソースなMeta AI最新モデル。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

Llama 3の使い方。MetaのAI、読み方はラマ。400Bも。

Llama(ラマ)3。オープンに利用可能な大規模言語モデル。

オープンソースでフリーなLlama 3。

Llama 2からLlama 3へ。

最先端のオープンソース大規模言語モデルの次世代モデルであるMeta社の「Llama 3」が登場。

もはや言い古された感さえあるが、Llamaの最新モデルであることに変わりはなく、Llama 2を大きく上回るパフォーマンスとのこと。

AIはとにかく成長が速い。

Metaの大規模言語モデル Llama 3(ラマスリー)。400Bもトレニング中。

参照元:Meta Llama 3

Llama 3には以下の2つのモデルがある。

  • Llama 3-8B:80億パラメータ
  • Llama 3-70B:700億パラメータ
  • 「B」は「Billion(10億)」の略。)

LLM(大規模言語モデル)のパラメータ。

また、400B(4,000億)パラメータのモデルも、現在トレーニング中とのこと。

基本的にはパラメータ数が多いモデルの方が学習量が多く、情報量や情報伝達に長けてくる。

が、人間のニューロンとシナプスと同様、情報過多で判断力が鈍ってしまうように、単純に多ければ性能が良いというわけでもない。

デジタルカメラの画素数が多くても、イメージセンサーが弱ければ画質が悪くなるように、事前トレーニングデータの内容やトークン数、ファインチューニングなどのバランスも大事となっている。

LLMのパラメータ数の目安。

確認できた範囲、またはそれぞれのAIに聞いてみたおおよその数値。)

  • GPT-3:175B(1,750億)パラメータ
  • ChatGPT 3.5:355B(3,550億)パラメータ
  • GPT-4:非公開
  • Gemini Nano:3.25B(32.5億)パラメータ
  • Gemini Pro、Ultra:非公開
  • Grok-1:314B(3,140億)パラメータ
  • Claude 3:非公開
フリーかつオープンソースの利点。

LlamaはChatGPTなどと違い、オープンソースのLLM(大規模言語モデル)。

フリーのオープンソースではWordPressも有名であり、世界中のサイトの約40%がWordPressでできているとも言われている。

個人のブログから、企業サイト、アメリカのホワイトハウスのサイトも(2017年から)WordPressでできている。

技術や知識があれば、個人でサイトを開設・運営することが可能。

また、構築の技術がない場合でも、フリーで利用できる「WordPress.comのサービスもある。

サイト構築と汎用AI。

ただし、人間が使うサイト構築に特化したWordPressと、言語生成、画像生成、動画生成、音楽生成などが自動でできるようなAIとでは、単純比較はできない。

AGI(人工汎用知能)であればなおさらに。

それでもMeta社やxAI社のように、オープン化されたAIのソースやツールが、WordPressのように普及する可能性がないとは言えない。

ルールと常識の範囲内。

AIには早急なルール整備が必要とされ、新しい常識が求められている。

倫理や道徳、哲学や科学などに、プラスαが必要。

商用利用について。

月間ユーザー数が7億人を超えた場合は、追加ライセンスのリクエストが必要となる。

ライセンス契約や利用規約などについては、下記ページへ記載されている。

Llama 2のものだが、おそらくLlama 3も同様。)

参照: Llama 2 Community License Agreement – Meta AI (英語。ブラウザで翻訳可。)
参照:Use Policy (英語。ブラウザで翻訳可。)


Meta Llamaを始める。

Llamaを始める – Getting started with Meta Llama

Metaのサイトに、Llamaについてのガイドや資料が用意されている。

Meta Llamaの使い方、始め方の画面。

ブラウザの翻訳機能での日本語訳。

Meta Llamaの使い方、始め方の画面。

参照:Getting started with Meta Llama | Documentation

Llama 3のダウンロードページ。- Meta

Metaの公式ダウンロードページ。

ダウンロードはDownload Llamaのページが用意されている。

Meta Llamaのダウンロードサイトの画像。

ブラウザの翻訳機能での日本語訳。

Meta Llamaのダウンロードサイトの画像。

参照:Download Llama

Llama 3のダウンロードページ。- GitHub

GitHubのダウンロードページ。
GitHubのロゴ。

GitHubからのダウンロードは下記から行える。

URL:meta-llama/llama3: The official Meta Llama 3 GitHub site

ただし、READMEを読むと、ライセンスの同意のために上記のDownload Llamaからリクエストを送る必要があるとのこと。


Meta AIとFacebook。

Meta AIを試してみる。- Try Meta AI

Meta AI LlamaとFacebook。

「Try Meta AI」のリンクをクリックすると、Facebookのアカウントで試用ができる模様。

Meta社による、Llamaの公式となる。

Facebookと連携するということは、Instagramともつながる可能性も想定される。

日本ではまだ利用できないとのこと。)

Meta AIを試してみるページのスクショ。

参照:Meta AI


Llama 3のチャットが使えるサイト。

Chat with Meta Llama 3 on Replicate

Replicateは、ユーザーが投稿したAIを試すことができるWebサービスの1つ。

ログイン不要で使用が可能で、左側のプルダウンメニューからモデルを選択できる。

モデルによっての性能の違いもわかる。

Chat with Meta Llama 3 on Replicateのチャット画面。

参照:Chat with Meta Llama 3 on Replicate

Perplexity Labs

Perplexity Labsも、現時点アカウント不要、かつ無料で使うことができる。

右下のプルダウンメニューから、モデルを選択できる。

LlamaなどのLLMを使用した、Perplexity Labsのサイトの画面。

参照:Perplexity Labs

両サイトとも英語がベースとなっているが、日本語で話しかけると日本語で返ってくる。

エンターキーを押すとすぐに送信になってしまう仕様なので気をつけなければならないが、チャットは気軽にできる。

会話の精度も着々と上達している。

Groq

サインインが必要だが、GroqでもLlama 3が使える。

LlamaなどのLLMを使用した、Groqのサイトの画面。

Groqへサインイン後のチャット画面。

上部のプルダウンメニューから、モデルを選択できる。

Groqもエンターキーを押すと送信になってしまうため、チャットのときはちょっと注意が必要。

LlamaなどのLLMを使用した、Groqのサイトの画面。

参照:Groq

Llama 3。無料でオープンなソースのMeta AI最新モデル。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

AI 関連メモ。

ChatGPT 関連メモ。
DALL·E 関連メモ。
Sora 関連メモ。
Gemini 関連メモ。
Copilot、Bing 関連メモ。
Llama 関連メモ。

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。