Figmaでモザイクをかける方法。Pixelsでさらっと簡単に。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

Figmaでモザイクをかける方法。Pixelsプラグイン。

Figmaのモザイクプラグイン「Pixels」とは?

Pixelsで画像にモザイクを。

写真や文字にモザイクをかけたいとき。

ネット上などに写真や画像をアップする際、個人情報や特定の箇所にモザイクをかけたいことがある。

Figmaにはデフォルトでは備わっていないようなので、こういうときはプラグイン。

Pixelsでモザイクをかけられる。

プラグインを探してみたところ、「Pixels」というシンプルで素敵なプラグインが見つかった。

Pixelsは、ただモザイクをかけられるだけでなく、ベクター画像としてモザイク処理ができる。つまり、SVG画像としても書き出せる。

Figma(フィグマ)のモザイク用プラグイン、Pixels。

作者:Fabien
プラグインサイト:Pixels

Figmaでモザイク画像を作成してくれるプラグイン、「Pixels」。

英語だが、シンプルな単語のメニューばかりなので普通になんとかなる。


Pixelsの保存と使い方。

Pixelsの入れ方。

入れ方は簡単。数ステップで。pets

Pixelsを検索。

プラグインは上部メニューの「Resources(リソース)」から、「Plugins(プラグイン)」のパネルを開き、「Pixels」で検索する。

「Pixels」が表示されたら、クリックすると画面が切り替わる。

Pixelsの入れ方。

右横の三点リーダーから「Save(保存)」ができる。

以前は三点リーダーからでしたが、現在はブックマークからに変わっています。)

Pixelsの入れ方。

右クリックメニュー、または、プラグインの配布サイトPixelsからでも保存可能。)

プラグインを保存しない場合。

保存をせずに使用する場合は、「Pixels」パネルの「Run(実行)」をクリック。

Pixelsの入れ方。


「Pixels」パネルの開き方。

「Main menu(メインメニュー)」 > 「Plugins(プラグイン)」 > 「Pixels」で開く。

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。

右クリックメニューからでも可。)


「Pixels」のパネルでモザイクの設定をする。

モザイクを調整するシンプルなパネルが現れる。

色数の少ないイラストよりも、色数の多い写真を使った方がモザイクがかかりやすい。

白黒にしたいときは、デザインパネルの「Fill(塗り)」 > 「Image(画像)」の、Saturation(彩度)を下げると良い。)

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。

Photo by:Tamas Pap

画像を見ながら、モザイクの具合を1〜80の間でスライダーをドラッグして調節する。

「Apply」のボタンをクリックすると、モザイクが適用される。

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。

「Vectorize」のボタンをクリックすると、ベクター画像へ変換される。Vectorizeされると、元画像の右横にベクター画像が出来上がる。

ベクター化はあくまでも補足説明として。モザイクに必須というわけではない。)

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。


Pixelsによるモザイク処理。

Pixelsでモザイクが適用。

書き出すと、モザイク画像が完成。

Pixelsのパネルを「×」で閉じるとラスター画像が1枚、「Vectorize」をクリックするとラスター画像とベクター画像の計2枚が作成される。

後は右横のパネルから、Export(書き出し)をすると、JPGやSVGなどでモザイク画像が書き出される。

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。

モザイク処理された画像が完成。pets

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。


特定の箇所にモザイクをかけたい場合は、2枚の画像を組み合わせる。

モザイクをかけたい画像全体にモザイク処理を行う。

4枚の画像が表示されているが、上記の画像が残っていただけで特に4枚必要というわけではない。紛らわしくてごめんなさい。)

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。


モザイク部分は長方形ツールなどでマスクする。

モザイク処理がされた画像を、マスクする。(今回は目の部分。)

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。


元画像の上にモザイク画像を配置する。

そして、マスクされた目の部分の長方形の画像を、元画像の上に配置する。

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。


目の部分だけにモザイクがかかった画像が完成。

2枚の画像により、特定の箇所にモザイク処理がされる。後はこの2枚をグループ化して書き出す。

Pixels。Figmaのモザイク用プラグインの使い方。

今回はたまたまUnsplashで出会った可愛らしいワンちゃんの写真を使用。

(もちろんワンちゃんが悪いことをしたわけではありません。)

Figmaでモザイクをかけられるんだって。

参考メモ。

参考:Figmaがダークモードに対応。背景設定も簡単で、目に優しい!

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

Figma 関連メモ。

デザインツールFigmaのロゴ。
使い方 & プラグインなど。

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。