CSS filterで色変更。色相・彩度・明度? filterプロパティでできること。ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

filter(フィルター)

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

filterプロパティでできること。

CSSのfilterプロパティの関数は全部で10種類ほどある。(2022年現在。noneを含めると11種類。)かつてはPhotoshopなどで行っていたWebサイト用の画像加工が、結構CSSだけでカバーできるようになった。

filterではの三属性である色相・彩度・明度の調整から、ぼかし、コントラスト、グレースケール、ドロップシャドウなどが簡単に扱える。

サイトで使用する画像の色変更も一括でできるので、写真のテイストの統一化やホバー時のエフェクトがしやすい。


filterの種類。

色相回転(hue-rotate)

マンセル色相環。

画像出典:Wikimedia Commons +-さま

色相(hue)とは要するに、赤・オレンジ・黄色・緑・青・紫・など、色合いのこと。

マンセルカラーシステムなどの色相環では時計回り(もしくは反時計回り)に色が変わり、その色を数値や記号で指定できる。CSSの場合は画像などの色を色相環を基にした、度(deg)で指定をする。

例)

.hue {
 filter: hue-rotate(45deg);
}

色相(hue)を色相環のサークル、ホイールで45度回した場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

彩度(saturate)

彩度(saturate)とは要するに、の鮮やかさのこと。

彩度を含む、色の三属性の色相・彩度・明度は、CSSのfilterではHSB(Hue-色相、Saturation-彩度、Brightness-明度)で指定する。

HSBの素材が見つからなかったので、下記HSL、HSVの画像(RGBは今回除いて)を参考にイメージするなら、、、

  • 明度(Brightness。この画像のHSL、HSVではLightness、Value。)は縦軸の上へ行くほど白くなり、下へ行くほど黒くなる。
  • 色相(Hue)は色相環の回転軸で変化する。
  • 彩度(Saturation)は横軸で鮮やかさの度合いが変わる。

HSL、HSV、RGBそれぞれのカラーモデルにおける色立体の比較。

画像出典:Wikimedia Commons SharkDさま

例)

.saturate {
 filter: saturate(200%);
}

彩度(saturate)を200%(2倍)上げた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

.brightness {
 filter: brightness(200%);
}

明度(brightness)

明度(brightness)を200%(2倍)上げた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

ぼかし(blur)

例)

.blur {
  filter: blur(2px);
}

ぼかし(blur)を2pxかけた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

コントラスト(contrast)

例)

.contrast {
  filter: contrast(200%);
}

コントラストを(contrast)を200%(2倍)上げた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

グレースケール(grayscale)

例)

.grayscale {
  filter: grayscale(90%);
}

グレースケールを(grayscale)を90%上げた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

透過度(opacity)

例)

.opacity {
  filter: opacity(50%);
}

透過度(opacity)を50%(半透明)にした場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

反転(invert)

例)

.invert {
  filter: invert(100%);
}

階調(の段階、濃淡の度合い)を100%反転(invert)させた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

セピア(sepia)

例)

.sepia {
  filter: sepia(50%);
}

50%のセピア調にした場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)

ドロップシャドウ(drop-shadow)

drop-shadowはbox-shadowと違い、透明部分があるPNGやSVGの輪郭に合わせてシャドウをつけることができる。

例)

.drop_shadow {
  filter: drop-shadow(5px 5px 10px #777);
}

筆でシャシャシャッと描いた画像の形でトリミングした写真に、ドロップシャドウをかけた場合。

filter(フィルター)
filter(フィルター)


filterで色相・彩度・明度を調整するメリット。

CSSで調整するメリットしては、、、

  • ブラウザに組み込まれた状態で調整できるので、修正や調整がしやすい。
  • クラスセレクタや子孫セレクタの活用により、画像をまとめて一括指定でき、統一感も出しやすい。
  • などがある。

オンラインツール。

オンラインで利用できるジェネレーターを利用すると、見た目を調整しながらCSSを書き出してくれるので便利だ。

そのうちの一つである「Front-end Tools」では、デフォルトでサンプル画像が用意されており、右サイドの項目から自分が使いたい画像をアップロードして調整することもできる。

参考: Front-end Tools さま CSS filter(フィルター)ジェネレーター

Web関連の知の宝庫、MDNのサイトも参考になる。

参考: MDN さま filter – CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN

そのうちFigmaのプラグインでも出てきそうな気もします。(今回は見つけられず。)


CSSでの画像調整の補足。

CSSで調整するメリットしては、、、

  • ブラウザに組み込まれた状態で調整できるので、修正や調整がしやすい。
  • クラスセレクタや子孫セレクタの活用により、画像をまとめて一括指定でき、統一感も出しやすい。
  • などがある。

関連:CSSブレンドモード。mix-blend-modeでPhotoshopのような乗算を。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。