Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい時は「IPv6」で。|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川

igawa design.

Memo

IPアドレスを指定して、アナリティクスで計測。

アナリティクスへログインし、画面左下の「管理」をクリック。

「管理」の画面に切り替わる。
ここの、画面右に「ビューを作成」の項目があるので、その中から「フィルタ」を選択する。

Googlaアナリティクスの画面。

すると、「ビューを作成」の画面が表示される。


「ビューを作成」画面で、「フィルタを追加」ボタンをクリック。

「ビューを作成」の画面に切り替わる。
ここに、「フィルタを追加」のボタンがあるので、クリックする。

Googlaアナリティクスの画面。

すると、「フィルタの編集」の画面に切り替わる。


「フィルタの編集」をする。

「フィルタの編集」の画面に切り替わる。
ここで、自分のIPアドレス除外の設定を行う。

ちなみに自分の場合はIPv4だけでは除外できなかったので、IPv4正規表現とIPv6の両方を設定している。

アナリティクスのヘルプによると、IPv4は正規表現の方が正確に計測できるとのこと。

Googlaアナリティクスの画面。

また、IPv6はサブネットを除くとのこと。

Googlaアナリティクスの画面。

サブネットの箇所の記載が見つからなかったが、ヘルプのスクショで確認する限り、「最後の数字4桁と:(コロン)」がサブネット部分だと思われる。

参考:内部トラフィックの除外 – アナリティクス ヘルプ

以上のヘルプを基に、「フィルタの編集」画面でIPアドレスを設定していく。

Google アナリティクスから自分のIPアドレスを除外する。

自分のIPアドレスの確認。

自分のIPアドレスを調べる方法はいくつかあるが、例えば下記のサイトではIPv4とIPv6を同時に確認できる。

参考:あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv4の正規表現も同様。これも例えば下記のサイト(英語)で正規表現に変換できる。

英語や専門用語が多いので、難しく考えると泥沼にハマる。
要するに下記サイトの「First IP Address:*」の欄に、IPv4の数字をコピペしてエンターを押せばOK。

参考:IP Range Regular Expression Builder – AnalyticsMarket

もしウィルスが心配という場合はオンラインサイト「VirusTotal」であらかじめURLチェックができる。

参考:VirusTotal

IPv4の設定。

  • 「フィルタ名」は、任意で可。
  • 「フィルタの種類」は、「定義済み」を選択。
  • 「除外」 で、「フィルタ フィールド」 を 「IPアドレス」に指定。
  • 「フィルタ パターン」に、正規表現でのIPv4を入力。」
  • 「保存」を押して完了。
  • 下記、サンプル画面。

Googlaアナリティクスの画面。

IPv6の設定。

  • 「フィルタ名」は、任意で可。
  • 「フィルタの種類」は、「定義済み」を選択。
  • 「除外」で 、「IPアドレスからのトラフィック」 と「前方が一致」に指定。
  •  「IPアドレス」で、サブネットを除いたIPv6を入力。
  • 「保存」を押して完了。
  • 下記、サンプル画面。

Googlaアナリティクスの画面。

設定が正しいかどうかは、アナリティクスの画面の「リアルタイム」などでチェック。
ルーターを再起動した場合はIPアドレスが変わることがあるので、その時はIPアドレスの数値を再設定する。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • 社会的に正当な理由、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。