メモの検索結果です。|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川igawa design.

Memos

VSCodeのタブの「ピン留め」が便利で簡単に使える。

常に開いておきたいタブをピンで留められる。 ブラウザでは使っていた機能だが、いつの間にかVSCodeでも使えるようになっていた。CodaとAtomをメインにしていたため、気が付かなかった。2020年頃から実装されたようだ。 無料ツールに文句を言うつもりは毛頭ないが、VSCodeは、DreamweaverやCodaと比べてFTP機能が弱い。 だが、この「ピン留め」はFTP情...

WordPress pタグを投稿記事から削除する1行のコード。

WordPressの記事投稿で自動的にpタグが入らないようにする、わずか1行のコード。

記事を書いた後に、意図せずにpタグが挿入されている!? WordPressで記事を作成している時、想定外にレイアウトが変わってしまうことがある。 よくあるのが、ブログ投稿時の「pタグの自動挿入」だ。 これはデザイナーにとっては(もしかしたらブロガーにも)悩ましく、特にCSSでpタグにスタイルを設定していると、思わぬ表示となり、場合によってはありがた迷惑でもある。 た...

パソコンと目と健康管理。VDT症候群の予防とダークモードの活用のすすめ。

パソコンと目と健康管理。VDT症候群とダークモード。

パソコンを使った仕事と、目への影響。 自分が職業訓練校で講師をしていた頃、カリキュラムの最初の段階で必ず「VDT症候群」についての内容があった。 VDT症候群とは、「Visual Display Terminal Syndrome(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル・シンドローム)」の略で、要するにパソコンの前での長時間労働に起因する、目や身体、メンタルに症状が現れる病気だ。...

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい時は「IPv6」で。

IPアドレスを指定して、アナリティクスで計測。

アナリティクスへログインし、画面左下の「管理」をクリック。 「管理」の画面に切り替わる。 ここの、画面右に「ビューを作成」の項目があるので、その中から「フィルタ」を選択する。 すると、「ビューを作成」の画面が表示される。 「ビューを作成」画面で、「フィルタを追加」ボタンをクリック。 「ビューを作成」の画面に切り替わる。 ここに、「フィルタを追加」...

CSSのmax-widthでのピクセル指定はレスポンシブ対応ではなく、レイアウト崩れの原因となるので要注意。

max-widthとレスポンシブデザイン。

CSSのmax-widthはレスポンシブ対応ではない。 レスポンシブ対応の際に、max-widthでピクセル指定をしている場面をいまでも見る。よくあるのがパソコン表示用の「max-width: 1000px;」や「max-width: 1100px;」などの指定だ。 やろうとしている意図はわかるが、実はこれは10年以上前の指定方法で、スマホが普及する以前の主にノートパソコン用の...

GA4への移行。Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャーの違いって? アナリティクスの計測はどちらでもOK。

Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャー。アナリティクス。

Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャー。 Google タグとGoogle タグ マネージャーとの違いがよくわからない。 よくわかってはいないが、とりあえずUA(従来のユニバーサル アナリティクス)からGoogle アナリティクス 4(GA4)へ移行し、下記のようなGoogle タグをhead内へ記述することで、計測はできている。 複数のサ...

アイキャッチ画像(WordPressのサムネイル画像)がない場合、いらない場合は、これで解決。

アイキャッチ(サムネイル)

アイキャッチ画像(サムネイル画像)が設定されていないときにできる空白をなくしたい。 ブログ投稿時にちょうどいい感じの画像が見つからないときや、そのまま投稿してしまいたい場合がある。 だからといってそのまま投稿してしまうと、アイキャッチ画像が入るはずの箇所に空白ができるので、見た目が悪くなってしまう。 そのようなことにならないために、あらかじめアイキャッチがない場合の代替と...

さくらのサーバーからさくらのサーバーへの引越しで、「DNSゾーンが既に登録されています」のエラーが出たとき。

さくらインターネットの引越し。

さくらからさくらへ。WordPressではないサイトの引越し。 他社で取得しているドメインのサイトを、さくらのスタンダードプランのサーバーからビジネスプランのサーバーへ移行することとなった。案の定、一筋縄にはいかなかった。 あらかじめ手続き方法をヘルプページやネット上で探すが、さくら-さくら間の引越し方法がよくわからなかった。何度かカスタマーセンターとのやりとりをし、最終的に電...

「第三者コードの影響を抑えてください」と、preconnect。

第三者コードの影響を抑えてください。

「第三者コードの影響を抑えてください」 どうも最近サイトの表示速度が遅い。以前はPageSpeed Insightsで80前後のスピードが出ていたが、今では60を切ることが多々ある。40以下のときさえもある。 PageSpeed Insightsをチェックしていたところ、「第三者コードの影響を抑えてください」との表示が出ていた。 1番目と2番目にGoogl...

さくらインターネットのコンテンツブーストの設定方法。(数ステップで。)

さくらインターネットのコンテンツブースト。

さくらインターネットでWordPressを使う場合の問題点。 さくらインターネットでWordPressを使用する場合、残念ながら速度が遅い。サーバーを移転すれば解決するのだが、さくらインターネットに愛着があるユーザーとしては非常に悩ましい問題だ。 例えば当サイトはデザインのポートフォリオサイトなので、そもそも画像が多い。画像が多いとサイトの読み込み速度に影響するが、すでにWeb...