Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外できないとき。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外できないとき。

Googleアナリティクス(GA4)のアクセスから、自分(管理者)を除く方法。

アナリティクスで自分のアクセスを除外したい。

サイトのアクセス数。

会社やお店のサイト、個人のサイトなどで、アクセス数を調べたいことがある。

GA4のコードを作成・設置すると計測できるようになるが、そのままでは自分のアクセスも含まれてしまう。

Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外。

GA4での除外方法。

IPアドレスで除外。

自分のアクセスを除外したい場合、IPアドレスでカウントを除くことができる。

UAのころと設定方法がちょっと変わっており、従来の「フィルタ」からではなく、「データストリーム」と「データフィルタ」で設定する。

設定方法は下記の手順で、およそ10分ほど。

Google アナリティクス アドオプトアウト アドオンの利用。

オプトアウト アドオン。

もし、アナリティクスの設定が難しい、という場合には、Googleがアドオンを用意している。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

これをChrome、Safari、Firefox、Edgeへインストールすれば良いらしい。

PCの多い企業サイトではインストールの手間があるが、個人サイトであれば手っ取り早いかもしれない。

アドオンのインストール方法。

ブラウザへのインストール方法は、Googleの公式サイトに用意されている。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン – アナリティクス ヘルプ


自分自身のIPアドレスの確認方法。

アナリティクスで自分のアクセスを除外したい。

自分のIPアドレスを確認。

設定のために自分の環境のIPアドレスの確認が必要となる。確認は下記のサイトなどで簡単にできる。

参考:あなたの IPv6 をテストしましょう。

もしくは、GA4の設定画面のリンク先のサイトからでも確認可能となっている。

あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。の画面。

IPアドレスは通常、「IPv4」と「IPv6」の2つがあるが、両方一気に調べられるので便利。

IPv6アドレスの設定。

従来のUAのときもそうだったが、「IPv4」だけでは自分のアクセスを除外できず、「IPv6」の設定が必要となることがある。


GA4の「データストリーム」で除外したいIPアドレスを設定。

データストリームの設定手順。

データストリームで設定、データフィルタで除外。

GA4からの手順としては下記の通りで、いちど慣れると10分ほどで完了できる。

「データストリーム」でIPアドレスを設定し、「データフィルタ」でそのIPアドレスをフィルタにかけるという流れとなる。

Googleアナリティクス > 「管理」 > 「データストリーム」へ進む。

Googleアナリティクス(GA4)へログインし、左下の歯車アイコンの「管理」をクリック、「データストリーム」を選択する。

Googleアナリティクスの設定画面。

「データストリーム」 > 該当URLの「過去48時間〜」へと進む。

「データストリーム」の「すべて」の項目が表示されるので、該当URLが表示されているところ(横長のオレンジ枠の箇所。)をクリックする。

Googleアナリティクスの管理、データストリームの画面。

「ウェブストリームの詳細」が開かれる。

「ウェブストリームの詳細」画面が表示されるので、下の方にある「Google タグ」項目内の「タグ設定を行う」をクリックする。

Googleアナリティクスの管理、ウェブストリームの詳細の画面。

「Google タグへようこそ」 > 「すべて表示」をクリックする。

「Google タグへようこそ」 の画面になるので、右横の方にある「すべて表示」をクリックする。

Googleアナリティクスの管理、Google タグへようこその画面。

「内部トラフィックの定義」の項目が表示される。

「内部トラフィックの定義」の項目が現れるので、そのままクリックをする。

Googleアナリティクスの管理、Google タグへようこその画面。

「内部トラフィックの定義」 > 「内部トラフィックルール」の画面へ。

「内部トラフィックルール」の画面となるので、「作成」をクリックする。
Googleアナリティクスの管理、内部トラフィックの定義の画面。

「内部トラフィックルールの作成」の画面が表示される。

「内部トラフィックルールの作成」の画面となる。

ここで除外したいIPアドレスを設定することができる。

設定の項目。
  • 「ルール名」は任意。
  • 「traffic_type の値」はそのままでOK。
  • 「IPアドレス」でマッチタイプの設定を行う。

左下のIPアドレスの項目の「条件の追加」から、IPアドレスの設定を行える。

Googleアナリティクスの管理、内部トラフィックルール作成の画面。

マッチタイプの選択。

マッチするタイプ、アクセス数から除外したい「IPv4」と「IPv6」のアドレスを設定する。

  • 「IPアドレスが次と等しい」を選択し、右横の入力欄へ「IPv4アドレス」を入力する。
  • 「IPアドレスが次から始まる」を選択し、右横の入力欄へ「IPv6アドレス」を入力する。

Googleアナリティクスの管理、内部トラフィックルール作成の画面でIPアドレスを設定。

IPv6アドレスは、最初の4つ目の区切りまででOK。(前方一致の形式。)

例) 1234:5678:a123:b456:

「作成」をクリックして完了。

入力後は、画面右上の「作成」をクリック。設定はこれで完了。

例)

Googleアナリティクスの管理、内部トラフィックルール作成の画面でIPアドレスを設定。

「内部トラフィックルール」に、作成したルール名(今回は「管理者」)が表示される。

これでひとまず、「データストリーム」の設定が完了。

Googleアナリティクスの管理、内部トラフィックルールが作成された画面。

Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外できないとき。

あとは、一息入れつつ、「データフィルタ」の設定を行う。


GA4の「データフィルタ」を有効にする。

データフィルタを有効にする手順。

「データフィルタ」の現在の状態を確認する。

Googleアナリティクスの「管理」へ戻り、「データ設定」 > 「データフィルタ」へ進む。

Googleアナリティクスの管理、データフィルタの画面。

「現在の状態」が「テスト」になっているので、クリックして画面を切り替える。

Googleアナリティクスの管理、データフィルタの作成画面。

「データフィルタの編集」を設定。

「データフィルタの編集」画面へ切り替わるので、以下の設定を行う。

  • 「フィルタオペレーション」で「除外」を選択する。
  • 「フィルタの状態」を「有効に」切り替える。

設定後は、画面右上の「保存」をクリックする。

Googleアナリティクスの管理、データフィルタの編集画面。

「データフィルタ」を有効にする。

「フィルタを有効にしますか?」の画面が表示されるので、「フィルタを有効にする」を選択する。

その後、画面右上の「保存」をクリックする。

Googleアナリティクスの管理、データフィルタの編集画面。

「現在の状態」が「有効」に切り替わる。

これで作成したIPアドレスでの除外設定、「データストリームの内部トラフィックルール」が「データフィルタ」で有効となる。

Googleアナリティクスの管理、データフィルタの画面。

設定が正しいかどうかは、アナリティクスの「リアルタイム」でチェックすれば良い。

Googleアナリティクス(GA4)の設定。リアルタイムの画面。
補足。
  • ルーターを再起動した場合などでIPアドレスが変わることがあるので、その時はIPアドレスの数値を再設定する。
  • スマホからのアクセスは、広告ブロックアプリでブロックすることができる。


AdGuardによる設定の例。

AdGuardアプリで除外する手順。

iPhoneのSafariのアクセスを除外。

自分のiPhoneに「AdGuard」アプリで設定すると、iPhoneのSafariのアクセスを除外ができる。

無料版と有料版があるが、App Storeからダウンロード時に、どちらかの選択をする。

(ダウンロード後に有料プランへの変更も可能。)

「設定」 > 「Safari」へ進む。

iPhoneのホーム画面の「設定」から、「Safari」へ進む。

iPhoneの「設定」で「Safari」を選択する。

「Safari」 > 「拡張機能」へ進む。

「Safari」の「拡張機能」をタップする。

iPhoneの「設定」から「Safari」の「拡張機能」を選択する画面。

「拡張機能」内の、「許可するコンテンツブロッカー」をオンにする。

ここの「許可するコンテンツブロッカー」の項目を全てオンにすればOKだった。

(GA4のカウントから除外される。)

iPhoneの「設定」から「Safari」の「拡張機能」でAcGuardの設定を行う画面。

iPhoneの「AdGuard」アプリ内に、この手順の説明動画があった。

Androidは未確認だが、同様に手順の動画があるかもしれない。

AdGuardのサイト:AdGuard — 最先端の広告ブロッカー!

Wikipedia:AdGuard


WordPressの条件分岐による設定の例。

WordPressの場合。

GA4のコードを条件分岐でくくって設置。

WordPressが使える環境では、下記のように条件分岐を使ってGA4のコードを設置すると便利。

こうすると、WordPressの管理画面にログインしている場合はGA4のコードが書き出されないので、アクセスもカウントされなくなる。

IPアドレスが変わっても、GA4のデータストリームやデータフィルタを変える必要もない。

PHP
<?php if ( !is_user_logged_in()) : ?>
<!-- ここに Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入する -->
<!-- Google tag (gtag.js) -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-xxxxxxxxxx"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'G-xxxxxxxxxx');
</script>
<?php endif; ?>

「xxxxxxxxxx」の部分は自分のコードに置き換える。)

Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外できないとき。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。