Googleアナリティクスでの自分のアクセスを除外。【WordPress】デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する。

WordPressの条件分岐でGAのコードを設置。

WordPressの条件分岐で、自分のアクセスを除外。

WordPressの場合。

WordPressに慣れている場合は、IPアドレスを使った除外や、オプトアウトのアドオンよりも設置が簡単。

IPアドレスの場合。

意外と知られていないのかもしれないが、固定IPアドレスを使用していない場合は、日にちの経過やルータの再起動などによってIPアドレスは変わってしまう。

そのため、都度、アナリティクスのフィルタリングの設定をしなくてはならない。

参考:Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを除外できないとき。

オプトアウトのアドオンの場合。

WordPressに慣れていない場合は、Google アナリティクス オプトアウト アドオンが楽かもしれない。ただしブラウザのアドオンも増やしすぎると副作用が出る可能性があるので、極力は少なくしておきたい。


アナリティクスのアクセスを制御。

GA4のコードを条件分岐でくくって設置。

条件分岐でアナリティクスを回避。

WordPressが使える環境では、下記のように条件分岐を使ってGA4のコードを設置すると便利。

こうすると、WordPressの管理画面にログインしている場合はGA4のコードが書き出されないので、アクセスもカウントされなくなる。

IPアドレスが変わっても、GA4のデータストリームやデータフィルタを変える必要もない。

PHP
<?php if ( !is_user_logged_in()) : ?>
<!-- ここに Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入する -->
<!-- Google tag (gtag.js) -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-xxxxxxxxxx"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'G-xxxxxxxxxx');
</script>
<?php endif; ?>
「xxxxxxxxxx」の部分は自分のコードに置き換える。)

Googleアナリティクスでの自分のアクセスを除外。【WordPress】

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。