WordPressの投稿IDを確認したい時は、ここを見るのが簡単。ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

WordPressの投稿IDを確認したい時。

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

投稿IDで条件分岐したいとき。

WordPressサイトを構築・運用する際に、投稿IDを知りたいときがある。特定の記事でのみでJavaScriptやGoogle Fontsを読み込みたい場合などに。

普通にheader.phpなどで読み込むと、全ての投稿記事に適用されてしまう。そうなるとページの表示速度にも影響してしまうので、できれば条件分岐をしたい。

その場合、条件分岐タグの「is_single()」のパラメータに、投稿IDを指定すると解決できる。


投稿IDの確認方法は?

pets投稿IDの確認場所は、その記事の投稿画面のURLを見るとすぐにわかる。

例)

ドメイン名〜 /wp-admin/post.php?post=12345&action=edit

この、「post=」の後の数字がIDとなる。

WordPress管理画面の投稿一覧でタイトル文字をホバーしたり、the_ID()やbody_class()などの関数を使っても確認できるが、IDを知りたいだけであればただURLを見るだけで大丈夫。


IDによる条件分岐の例。

IDが12345の投稿ページのみでjQueryを読み込みたい場合。

PHP

例)

<?php if(is_single('12345')): ?>
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.3.min.js" integrity="sha256-pvPw+upLPUjgMXY0G+8O0xUf+/Im1MZjXxxgOcBQBXU=" crossorigin="anonymous"></script>
<?php endif; ?>

IDを囲むクォーテーションはなくても動くが、Codexではクォーテーションがあるので付けた方が無難かもしれない。

参考:条件分岐タグ – WordPress Codex 日本語版

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。