WordPressの引越しは、ささっとAll-in-One WP Migrationで。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

All-in-One WP Migrationの使い方。

WordPressの引越しは何かしらトラブルが発生しやすい。

WordPressの引越し。

WordPressの引越し作業では、何かしら問題が起こりやすい。
なのでトラブルが起こることを前提として、気持ちや時間の準備があった方がいい。

ネット上でも同じような情報が多々あり、引越しに特化したプラグインもある。

例えば、All-in-One WP Migration」を利用した引越し。

できればプラグインではなくWordPressデフォルトのインポート&エクスポート機能を使いたかったので、これまでは見送っていた。

結論、早く使っていればよかった。


All-in-One WP Migrationの使い方。

All-in-One WP Migrationの使い方。

All-in-One WP Migrationは使いやすい。

実際に下記のようなWordPress構築のサイト、総容量800MB〜900MBのサイトで、かなり簡単に移転やバックアップができた。

  • HTMLやCSS、JSやPHPのファイル。
  • 画像や動画のメディアファイル。
  • WordPressプラグイン複数。
  • カスタム投稿によるタクソノミーやタームの設定など。
引っ越し用のファイルは1つだけ。

メディアファイルやプラグインを含んだテーマフォルダまるごとを、wpressファイル1つだけで、エクスポート&インポートできる。

エクスポート後は、プラグインも自動的に有効化される。

テーマフォルダまるごと。

2GB以上のデータも可能だった。

もしいま、WordPress引越しやバックアップで困っている状況であれば、「All-in-One WP Migration」に注力した方がメンタルもサイトも安全かもしれない。

バックアップもwpressファイルだけ。

このプラグインはバックアップ用としても有能で、.wpressファイルとしてデータを保存できる。

WordPressの引越しはAll-in-One WP Migrationで。


All-in-One WP Migrationの使い方の例。

wpressファイルだけで。

今回行った引越し作業では、引越し元と引越し先に「All-in-One WP Migration」をインストールし、無事に引越しできた。エクスポートファイルもインポートファイルも、わずか1つのファイル(.wpressファイル)で済んだ。

若干うまく引越しできない箇所もあったが、今回の場合は95%以上のファイルは問題なく移転できた。

容量の問題でうまくいったのかもしれない。

後日追記)
2度目からは全く問題なくできた。容量アップも簡単だった。

(慣れていない場合は、有料版の検討も。)

アップロード容量の増やし方。へスキップ。


All-in-One WP Migrationを使った引越しの手順。

移転元のWordPressに「All-in-One WP Migration」をインストールし、有効化する。

WP管理画面の左側のメニューに「All-in-One WP Migration」が追加されるので、そのサブメニューからエクポートへ進み、ファイルを選択。

移転先のWordPressに「All-in-One WP Migration」をインストールし、有効化する。

WP管理画面の左側のメニューに「All-in-One WP Migration」が追加されるので、そのサブメニューからインポートへ進み、ファイルを選択。

4.の手順は、WP管理画面へのドラッグ&ドロップでも可能。

4.1 インポートを行う。
All-in-One WP Migrationの使い方。
4.2 インポートを開始。
All-in-One WP Migrationの使い方。
4.3 インポート処理の注意点。新規WPへのインポートなら、このまま「開始」でOK。既存のWPなら先にバックアップを取ってから。
All-in-One WP Migrationの使い方。
4.4 数分でインポート完了となる。
All-in-One WP Migrationの使い方。

アップロード容量の増やし方。

.htaccessファイルに下記を追加する。

「.htaccess」ファイルに追記し、更新するだけ。

.htaccessファイルは、WordPressをインストールした階層、テーマフォルダ直下にあるものを。

WordPress ファイルのディレクトリ

↑の.htaccessファイルを開き、
# BEGIN WordPress の記述の上へ、php_value memory_limit、php_value post_max_size、php_value upload_max_filesizeを追記する。

php_value memory_limit 30G
php_value post_max_size 20G
php_value upload_max_filesize 10G

## ここに追記する ↑↑↑

# BEGIN WordPress
# "BEGIN WordPress" から "END WordPress" までのディレクティブ (行) は
# 動的に生成され、WordPress フィルターによってのみ修正が可能です。
# これらのマーカー間にあるディレクティブへのいかなる変更も上書きされてしまいます。
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /theme_name/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /theme_name/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

これでアップロードのマックスサイズが10Gになる。

アップロードファイル容量5MBの画面
アップロードファイル容量10GBの画面

以上、1つのファイルのちょっとした編集で、アップロードできるマックスファイル容量を5MB→10GBに増やせた。

ちなみに、

  • php.iniは編集せず。
  • constants.phpも編集せず。
  • 10GB以上も可能なようだが、変に増やしすぎてサーバーへ負担をかけたくもないので10GBに。
  • プラグイン使用後にできる「ai1wm-backups」は、バックアップ用のフォルダ。ai1wmはAll-in-One WP Migrationの略。
  • Migrationはカタカナ読みでは「マイグレーション」。移行や移動、移住の意味。

アップロード容量については、使用サーバープランのスペックに合わせた方が無難だと思われる。

容量600GB、転送量無制限のサーバーでは問題なしだったが、別の容量350GBのサーバーではインポートが100%へ達した後に止まてしまい、インポートを完了できなかった。

インポート完了できず。

参考サイト:WORDPRESS QUEST – WordPress(ワードプレス)プラグイン|サイトを簡単にバックアップ!「All-in-One WP Migration」の使い方


プラグイン公式ページ。

All-in-One WP Migration

引用元:WordPress.org
プラグインのページ:All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationのページのスクリーンショット。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。