SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところ。|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川

igawa design.

Memo

SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところ。

SONYタイマー、SONYタイムとは?

いつ頃からか、SONY製品はすぐに壊れるので、製品制作時に数年後(いわゆるSONYタイム)に故障するように「SONYタイマー」が付いていると揶揄されるようになった。

同様に、Apple製品もそう言われるようになっていた。(どっちが先かは正確にはわからないが。)

あくまでも都市伝説的なものだと思うが、本当に信じている人もいるかもしれないので、たまたま両方のメーカーを20年ほど使用しているユーザーとして、実際どうだったかをちょっとメモとして残して置こうと。

SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところ。

SONY製品を使ってみたところ。

SONYはテレビで2台使用している。

結果としては、、、

  • トリニトロン 1990年頃購入 → 2011年の地デジまで。(約20年間。最後の数年間は画面にかなりの劣化あり。
  • ブラビア 32インチ 2011年購入 → 現在も利用中。(約11年間。YouTube用のUSBスティックは10年弱で故障したのでFire TV Stickへ変更。)

となっている。

テレビ自体はほとんど見なく、YouTubeやアマプラ用となっており、BGMとしての音楽を含めて、使用量としては毎日数時間〜10数時間。

SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところ。

Apple製品を使ってみたところ。

Appleは仕事で使っているため、さまざまなデバイスで、計10台ほど使用している。

結果としては、、、

  • iMac 15インチ 2003年購入 → 2010年故障。(約7年間。)
  • MacBook Pro 2010年購入 → 2014年故障。(約4年間。)
  • MacBook Pro 2014年購入 → 2016年故障。(約2年間。)
  • iPad Air 2014年購入 → 現在も利用中。
  • iMac 27インチ 2015年購入 → 現在も利用中。

となっている。

パソコンはゲームはせず、動画視聴もほとんどしない。デザインの仕事で使っており、使用量としては毎日数時間から10数時間。

iMac2台とiPad1台は最低でも7年以上と、長持ちしている。

MacBook Proは使用頻度も多かったが、iMacよりもはるかに短い年数で故障した。

メモリ含めいずれも約25万円〜約30万円だったが、1台目が4年、2台目は2年で故障してしまった。

7年目を迎えているiMacは、ファンの音がうるさくなっているので、作業中は別途サーキュレーターを当ててガンガン冷やしている。

円安での価格高騰とMac Studioまでのスペックは必要ないため、簡単に買い替えられない。iMac 27インチが発売されるか、寿命を迎えるまでまでは大事に使っていくつもりだ。

2回目の故障時はさすがにショックで、修理に出そうとした。ところが、直っても直らなくても修理に出すだけで最低47,000円+税がかかるとという説明を受け、ダブルでショックだった。

結局そのまま出さずにいて今は使っていない。

また、iPod TouchとiPhone数台も短い。iPhoneは故障したことはないが、2年から3年ほどでバッテリーの持ちが極端に落ち、その都度買い替えている。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • 社会的に正当な理由、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。