SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところ。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

ソニータイマーとアップルタイマーとは。

SONYタイマー、SONYタイムとは?

SONYタイマーやAppleタイマー。

いつ頃からか、SONY製品はすぐに壊れるので、買ってから数年後(いわゆるSONYタイム)に故障するように「SONYタイマー」が付いていると揶揄されるようになった。

同様に、Apple製品もそう言われるようになっていた。(どっちが先かはわからない。)

ソニータイマーとは? の画像。

SONY製品を使ってみたところ。

SONY

SONY製品はテレビで2台使用経験あり。

結果としては…

  • トリニトロン 1990年頃購入 → 2011年の地デジまで。(約20年間。)
    最後の数年間は画面にかなりの劣化あり。
  • ブラビア 32インチ 2011年購入 → 現在も利用中。(約13年間。)
    YouTube用のUSBスティックは10年弱で故障。その後はFire TV Stickへ変更。

となっている。

もともとテレビ自体はあまり見なく、トリニトロンの最初の数年間以外は、ゲームは全くやらない。

ブラビアはYouTubeやアマプラ用となっており、BGMとしての音楽を含めて、使用量としては毎日数時間〜10数時間。画面も機能も全く問題ない。

アップルタイマーとは? の画像

Apple製品を使ってみたところ。

Apple

Apple製品は仕事で使っているため、さまざまなデバイスで、計10台ほど使用している。

結果としては…

  • iMac 15インチ 2003年購入 → 2010年故障。(約7年間。)
  • MacBook Pro 2010年購入 → 2014年故障。(約4年間。)
  • MacBook Pro 2014年購入 → 2016年故障。(約2年間。)
  • iPad Air 2014年購入 → 現在も利用中。
  • iMac 27インチ 2015年購入 → 現在も利用中。

となっている。

パソコンもゲームはせず、動画視聴もほとんどしない。デザインの仕事で使っており、使用量としては毎日数時間から10数時間。

MacとiPad

iMac2台とiPad1台は最低でも8年以上と、長持ちしている。

MacBook Proは使用頻度も多かったが、iMacよりもはるかに短い年数で故障した。

メモリ含めいずれも約25万円〜約30万円だったが、1台目が4年、2台目は2年で故障してしまった。

9年目を迎えているiMacは、ファンの音がうるさくなっているので、作業中は別途サーキュレーターを当ててガンガン冷やしている。

(メモリは購入直後に32GBに増設。)

円安での価格高騰とMac Studioまでのスペックは必要ないため、簡単に買い替えられない。iMac 27インチが発売されるか、寿命を迎えるまでまでは大事に使っていくつもり。

アップルタイマーとソニータイマーでショックを受けるライオンの画像。

MacBook Proの2つ目の故障時はさすがにショックで、修理に出そうとした。ところが、直っても直らなくても修理に出すだけで最低47,000円+税がかかるとという説明を受け、ダブルでショックだった。

結局そのまま出さずにいて今は使っていない。

iPod TouchとiPhone

また、iPod TouchとiPhone数台も短い。iPhoneは故障したことはないが、2年から3年ほどでバッテリーの持ちが極端に落ち、その都度買い替えている。

この、バッテリーに関しては、Apple タイマーを感じることもある。

目安としてバッテリー残量が80%になれば、下取りに出して、機種変すると良いかもしれない。


Apple Trade InでのiPhoneの下取り。

iPhoneの下取りの活用。

2023年12月初旬にiPhone 12 miniのバッテリー最大容量が81%となり、Apple Trade Inに下取りに出したところ、最大28,000円の下取り額だった。

なので新しいiPhoneは、28,000円引きで購入できた。

関連:iPhoneの寿命、充電回数は何回?「最適化されたバッテリー充電」機能。

SONYタイマーとAppleタイマーの実際のところを知るにゃんちゃん。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。