iPhoneで入力中の文字を取り消す方法。振ったりスワイプしたりで。|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川

igawa design.

Memo

iPhoneを振ったりスワイプしたり。

シェイクで取り消し。意外と知らない、iPhoneの取り消し方法。

iPhoneでLINEやメール、メモなどを入力している時に、文字を打ち間違ってしまうことがある。

そんなときは、iPhone自体を上下や左右に振ると、心地よい感じの軽い振動があり、操作を取り消すことができる。

iPhoneのシェイクで取り消しの画面。

元々あった機能だが、意外と知られていないようで、覚えておくと便利で使える。

公共の場でぎこちない感じで振るととちょっと恥ずかしく、また強く振りすぎると手首を痛めてしまう。

すぐに慣れるので慣れたら大丈夫だが、最初のうちは念のため気をつけた方が良いかもしれない。


「シェイクを取り消し」をオフにしたい場合。

もし移動中での誤操作が多いなど、何らかの事情で「シェイクで取り消し」の機能を使いたくないという場合は、「設定」からオフにもできる。

ホーム画面から「設定」 > 「アクセシビリティ」へ進む。

iPhoneの設定画面。

画面の下の方へ下がり、「アクセシビリティ」を選択する。

iPhoneの設定画面。

「アクセシビリティ」 > 「タッチ」へ進む。

「アクセシビリティ」に切り替わったら、次に「タッチ」を選択する。

iPhoneのアクセシビリティの画面。

「タッチ」 > 「シェイクで取り消し」と進む。

「タッチ」の画面に切り替わったら、 「シェイクで取り消し」がある。ここでオンとオフの切り替えができる。

iPhoneのタッチの画面。

「3本指でのスワイプ」で取り消しをしたい場合。

「取り消し」はiPhoneを振る「シェイク」の他、「3本指でのスワイプ」でもできる。

3本指で左右に画面をスワイプ(なでるように)すると、以下のいずれかの画面が出るので、「戻る」ボタンで戻ったり、「取り消す」、「やり直す」ができる。

iPhoneの3本指でスワイプでの戻るの画面。

左にスワイプすると、「取り消す」に。

iPhoneの3本指でスワイプでの取り消しの画面。

右にスワイプすると、「やり直す」に。

iPhoneの3本指でスワイプでのやり直すの画面。

LINEの画面などでは、別の箇所を触ってしまって意図しない操作になる可能性があるので、シェイクと同様に慣れるまではちょっと気をつけた方が良いかもしれない。


「背面タップ」で取り消しをしたい場合。

その他の方法として、iPhoneの背面をタップする機能を使って、取り消しをすることもできる。

その場合は、、、

「設定」 > 「アクセシビリティ」 > 「タッチ」 と進む。

iPhoneのタッチの画面。

「ダブルタップ」か「トリプルタップ」を選択する。

iPhoneの背面タップの画面。

「ダブルタップ」を選択した場合。

「シェイク」の項目があるので、ここでオンとオフの切り替えができる。

iPhoneのダブルタップの画面。

iPhoneの活用方法。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • 社会的に正当な理由、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。