iPhoneでWebMを再生できるように。(2022年暫定)|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川igawa.

Memo

iPhoneでWebMを再生できるように。(2022年暫定)

iPhoneでWebMを再生できるように。(2022年暫定)

WebPはすでに対応されている。

WebMはWebP同様、Googleが開発している。

動画形式、WebM。

WebMの動画はGoogleが開発した形式である。同じくGoogleが開発したWebPの画像は、すでにAppleのiPhoneのSafariでも、MacのSarariでも対応している。

また、スマホは事実上、AppleのiOS or GoogleのAndroidの2択となっている。

この流れからすると、おそらくiPhoneがWebMに対応するのは時間の問題かと思われる。


iPhoneが売れなくなると、Apple自身やユーザーが困る。

ユーザーとしてはMP4でもWebMでも見ることができればなんでも良いが、もしも動画制作者へなんらかの制約がかけられ、アップロードできる動画がWebM形式オンリーになったりしたらどうなるだろう。

仮にYouTubeが、来年からはWebM形式で統一します、となった場合、何かしら大きな動きが起こると思われる。

少なくともiPhoneで撮影してそのままYouTubeへアップするということができなくなるからだ。

ユーザーはわけがわからなく、突然YouTubeが見れなくなったりするのだ。ギガ容量や通信障害を疑い、携帯会社へ問い合わせが殺到するかもしれない。

なので、もちろんそのようなことは回避されるだろう。

実際YouTubeはどうなっているのか?

Android同様、YouTubeも現在、Googleが運営している。

現時点、YouTubeでサポートされているファイル形式。

YouTube

動画サイトの最大手であろうYouTubeは、以下の形式をサポートしている。正直、かなり多い。

  • .MOV
  • .MPEG-1
  • .MPEG-2
  • .MPEG4
  • .MP4
  • .MPG
  • .AVI
  • .WMV
  • .MPEGPS
  • .FLV
  • .3GPP
  • .WebM
  • .DNxHR
  • .ProRes
  • .CineForm
  • .HEVC(h265)

参照:YouTube でサポートされているファイル形式 – YouTube ヘルプ

YouTubeはもはや、大衆化を果たしているメディアだ。制作側としてもユーザー側としても、動画の形式はある程度統一されていた方が望ましいだろう。


標準化のメリット。

かつてヘレン・ケラーさんは、点字の種類の多さを問題視し、なるべく国際標準化するように訴えている。

当然だろう。現代の日本でも、公共放送やネットニュースや新聞が、地方の各地で使われている方言で話されたり書かれたりしても、その他の多くの人たちが理解できずに困る。なので「標準語」となっているのだ。

iPhoneでも、iOS11くらいから、写真を撮ると「.heic」という拡張子の画像形式となっているが、あまり浸透しない。

「.heic」では、WordPressへアップロードできないなどの問題が発生していた。WordPress.comのサポートを確認するとWordPressは今ではできる様子だが、Web制作の現場では「.heic」よりも「.webp」の方がより一般的となっている。

iPhoneのデフォルトの写真の画像保存形式を、「.heic」から「.jpg」に変えている人も結構いると思う。

ユーザーからすると、「.heic」でも「.jpg」でも「.webp」でも、ほとんど気にしていないのだ。


疲れた時は、栄養を。
ポスト投函で届く、人気のブドウ糖です。
砂糖の代わりにコーヒーや紅茶などに。

Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

井川 宜久 | Norihisa Igawa
デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    Name(required)お名前 (必須)
    Furigana(required)ふりがな (必須)
    Email(required)メールアドレス (必須)
    Phone Number(required)電話番号 (必須)
    Message(required)ご質問・ご要望 (必須)


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、私はただの人間です。万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。