GA4への移行。Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャーの違いって? アナリティクスの計測はどちらでもOK。|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川

igawa design.

Memo

Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャー。アナリティクス。

Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャー。

Google タグとGoogle タグ マネージャーとの違いがよくわからない。

よくわかってはいないが、とりあえずUA(従来のユニバーサル アナリティクス)からGoogle アナリティクス 4(GA4)へ移行し、下記のようなGoogle タグをhead内へ記述することで、計測はできている。

複数のサイトで計測できており、ユニバーサル アナリティクスからの数値に大きな変動もないので、いまのところ特に問題を感じていない。

(ブラウザでもスマホアプリでも計測できている。)

<!-- Google tag (gtag.js) -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA-xxxxx"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){window.dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'GA-xxxxx');
</script>

GA-xxxxxの部分はダミー。

のGoogle タグ(gtag.js)を設置しているだけで、

Googleタグ マネージャーの、

<!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-xxxxx');</script>
<!-- End Google Tag Manager -->

のコードは貼り付けていない。

GTM-xxxxxはダミー。

Google タグ マネージャーのヘルプページを見ると、「タグ マネージャーと gtag.js はどちらも同様の機能を果たします。」とある。

ということなので、大きな問題ないのだろう。

様子を見ながらGoogle タグとGoogle タグ マネージャーのどちらを使うかを決めて行こうと思う。

引用元サイト:タグ マネージャーと Google タグ(gtag.js) – タグ マネージャー ヘルプ

Google タグ(gtag.js)とGoogle タグ マネージャー。アナリティクス。


Google タグ(gtag.js)コードの確認方法。

Google タグのコードは、GA4を作成した後に、、、

画面左下の「管理」をクリック。

Googleアナリティクスの画面。

「データストリーム」 をクリック。

Googleアナリティクスの画面。

該当するストリーム(xxxxx-GA4)をクリック。

Googleアナリティクスの画面。

画面下部「Google タグ」内の「タグ設定を行う」 をクリック。

Googleアナリティクスの画面。

画面上部のタブ(メニュー)から「管理」をクリック。
画面が切り替わったら、 「この Google タグを設定」 をクリック。

Googleアナリティクスの画面。

「手動でインストールする」をクリックし、タブを切り替える。

Googleアナリティクスの画面。

ここでGoogle タグの確認ができる。Googleのヘルプによると、このGoogle タグ(gtag.jsのスニペット)を従来のUAのコード(analytics.jsのスニペット)と置き換えるとよいそうだ。

引用元サイト:analytics.js から gtag.js に移行する  |  ウェブ向けユニバーサル アナリティクス(gtag.js)  |  Google Developers


補足。

現在のところ自分の場合はUAとGA4の2つのコード(スニペット)を設置しており、2つとも計測はできていて、ユーザーやPV数などの数値も特別不自然ではない。

(ただしアナリティクスの公式スマホアプリの直帰率と滞在時間の数字は大きく変わっている。SEOデータやマーケティングなどを重視するクライアントサイトでは気をつけた方が良いかもしれない。)

また、来年のGA4完全移行までにはまだ時間があり、直帰率がなくなったり復活したりなどと、改善・改良もされているようだ。

アナリティクス画面の変更も多く、念の為従来のUAでの計測結果も確認しておきたいので両方設置している。もし何かあれば、ユニバーサル アナリティクス廃止の2023年7月までにUAは外す予定だ。

下記のGoogleのヘルプを見る限りではひとまずOKだが、Google タグとGoogle タグ マネージャーの違いについては、時間を置いてまた追記しようと思う。

引用元サイト:タグ マネージャーと Google タグ(gtag.js) – タグ マネージャー ヘルプ

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • 社会的に正当な理由、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。