Webデザイナー、Webコーダーのお金事情。Are you hungry?|デザイナー、コーチ、ディレクターズメモ|井川igawa.

Memo

Webデザイナー、Webコーダーのお金事情。Are you hungry?

Webデザイナーやこーだーはhungry

Webデザイナー、Webコーダーのお金事情。Are you hungry?

Webデザイナーは、なぜか日本では対価に見合っていないらしい。

Webデザイナーの収入の問題。これは、10年以上前から言われていたことだ。

まず、「Webデザイナー」という定義が曖昧だ。制作作業的には、コーディングができるかどうかで大きく違う。

なのでひとまずここでのWebデザイナーは、Webサイト制作のデザイナー、コーダーは、Webサイト制作でのコーダーと定義する。

そして、う〜んと、考えてみた。

第三者から見て、Webデザイナーとは大きく分けて、

  1. Webデザイナーは、デザインのみを行っている。そしてコーディングはコーダーへ依頼している。
  2. Webデザイナーは、デザインもコーディングもしている。
  3. Webデザイナーは、DTPデザインもしている。そしてWebデザインのコーディングはコーダーへ依頼している。
  4. Webデザイナーは、デザインもコーディングも当たり前、DTPデザインも当たり前にしている。
  5. Webデザイナーは、デザインもコーディングもDTPデザインも当たり前。ディレクションもできて、さらにSEOも行っている。

というように、少なくとも、5つのパターンに分かれる。

パソコンでWebデザインやコーディングを。


デザイナーもコーダーも、損をしているのではないだろうか? それぞれ専門職なのに。

上記の定義、パターンはこの業界ではごくごく一般的であり、あるあるだ。ライティングまでこなすことさえある。

だけれども、労働時間やスキルの対価として、どうだろうか?

小規模の会社やフリーのWebデザイナーであれば、パターン5に当てはまることがある。労働時間から計算した場合、下手をすると、最低時給を下回るが、そういった現状は世間的には理解されていないだろう。

なりより世間的には、パターンが1でも2でも3でも4でも5でも、すべて「Webデザイナー」の一括りにされてはいないだろうか?
「コーダー」も、「プログラマー」の認知度に比べて低くはないだろうか?

内部SEOに重要な、「マークアップ」の作業などは、ほとんど誰も知らないだろう。

だが求人情報誌や求人サイトでは、「Webデザイナー」、「コーダー」は、それぞれ別々に募集されている。

ということは、デザインもコーディングも1人でやる場合、兼務ということだ。
ピッチャーとバッターの両方をやる、大谷翔平選手のような二刀流と言える。


あなたは、月収30万を超えるWebデザイナー、コーダーですか?

収入も曖昧だ。派遣社員での時給計算だとまだわかるだろうが、労働対価に対して妥当だろうか?という疑問が頭をよぎる。今の時給に満足しています、というWebデザイナーやコーダーに出会ったことがない。むしろ同業他社へ転職する人の方が多い。

正社員でもそうだ。現役のWebデザイナー、コーダーは、今の日本では20代〜40代の、バリバリの労働年齢層だろう。でも月給に満足しています、という人にもなかなか出会わない。世間的にも実際に、離職率が高いと言われている。

また、年功序列が悪い方向へ進み、30代と40代の給料が逆転している事例もある。その事例はスキルの問題ではなく、会社への勤続年数に準ずる年功序列という本末転倒な現象だった。

義務教育でパソコンを習った世代がそのままWeb業界へ就職し、そうではなく独学や職業訓練や民間のスクールで学んだ世代が転職していたりしている。1つの事例ではなく複数の事例を見ている。

20代のうちは月20万円での収入でも特別な印象は受けないが、30代で30万円未満、40代で40万円未満だと、どうだろう?将来に不安を感じないだろうか?

Web制作は専門職なのにどうして?

少なくとも月収30万円であれば、税金などを差し引いても、平均的な生活はできるだろう。ただし仮に時給が1,000円とした場合、1日8,000円×20日として月収は16万ほどとなる。手取りではさらに下がる。30万円の約半分だ。一人暮らしがギリギリ、家族などはとても養えないので、少子化にもつながる。

月収が30万円だとしても、年収はわずか360万円だ。月収が20万円未満なら、ほぼワーキングプアとなる。自分自身も含め、Webデザイナーはこの価格帯が多い。2010年頃に、時給が750円という会社もあった。

専門職であるはずのWeb制作者が、(資格を取得していても)、いわゆる平均的なサラリーマンよりも、離職率が高く、給料が低いのだ。


かつてロバート・キヨサキさんが提唱した、金持ち父さん貧乏父さんでの有名なクワドラントがある。文章でざっくりと記すと、お金持ちは、投資家 > 経営者 > 自営業 > 従業員の順となる。

自営業に近い専門職が、従業員よりもキャッシュフローが悪いのはどうなのだろう。離職率が高くなるのは当然ではないだろうか?

欧米や中国・インドの場合が気になる。日本人は学校でお金のことを習わないから、(2022年度の高校から少し習うそうだが。)資本と資産の違いをわかっている人が少ない。その上、英語も話せない。

それでも日本は平和だ。日本の強みは、過去の財産からきている。

給料が少なくても、実家暮らしや受け継いだ持ち家やローンが済んだ車などの資産、親や親族の知り合いなどの人的資産があれば、安全かつインフラが整っているため、それなりの生活ができる。

でも、そももそお父さんがいない人やお母さんがいない人、お父さん、お母さん両方がいない人、お父さん、お母さんから虐待を受けてきた人はどうなのだろう。


時間外労働をせざるを得ない方々が少なからずいるという現実。

これも事実だ。リアルでもネットでも、ちょっと調べればわかる。昔よりは良くなっているとは思うが、それでも平日の深夜や土日、年末年始に働いているWebデザイナーやコーダーが一定数いる。

IT業界の格差は相当にある。

どうか、改善していきますように。

Webデザイナー、Webコーダーのお金事情。労働には対価が必要。


疲れた時は、栄養を。
ポスト投函で届く、人気のブドウ糖です。
砂糖の代わりにコーヒーや紅茶などに。

Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真や動画はフリー素材、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

井川 宜久 | Norihisa Igawa
デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    Name(required)お名前 (必須)
    Furigana(required)ふりがな (必須)
    Email(required)メールアドレス (必須)
    Phone Number(required)電話番号 (必須)
    Message(required)ご質問・ご要望 (必須)


    免責事項について

    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、私はただの人間です。万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。
    • 万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。