iPhoneをマナーモードにする方法。カチッと簡単に。電源とバイブも。ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

iPhoneのマナーモードの切り替え「サイレントスイッチ」。

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

iPhoneのマナーモード。

電車や公共の場所などで、iPhoneの音が鳴らないようにしたいときがある。

電源を切っても良いが、そうするとサイトの閲覧やSNSなどを使用できなくなる。

なので、そういうときは「マナーモード」にすると便利。


iPhoneの左側の「着信/サイレントスイッチ」でオン・オフが可能。

マナーモードのオン(消音モード)とオフ(着信モード)の切り替えは非常に簡単で、iPhoneの左側にあるボタン類の一番上の「着信/サイレントスイッチ」だけで可能。

「カチッ」という感じのごく小さな音と感触があるので、慣れるとポケットに入ったまま、手探りかつ一瞬でマナーモードにできる。

iPhoneのマナーモードの切り替え「サイレントスイッチ」。

参考:iPhone をマナーモード、着信モード、消音モードにする方法 – Apple サポート


バイブレーションをオフにする2つのパターン。

バイブレーションのオフは「設定」から可能。

  • 「設定」 > 「サウンドと触覚」 > 「システムの触覚」をオフにする。
  • 「設定」 > 「アクセシビリティ」 > 「タッチ」 > 「バイブレーション」をオフにする。
    ただしこの場合、地震や津波などの緊急速報のバイブレーションもオフになるので注意。)

参考:iPhoneの振動をカスタマイズする – Apple サポート
参考:iPhoneのサウンドおよびバイブレーションを変更する – Apple サポート


電源をオフにする場合。

音や振動だけでよければマナーモードバイブレーションのオフでOKだが、電源オフを求められるときは左右のボタンで電源を切ることができる。

その場合は、右側の「サイドボタン」と左側の「音量を下げる」を同時に押す。

iPhoneの各ボタン。

参考:iPhone のサイドボタン、ホームボタン、その他のボタンを使う – Apple サポート

そうすると画面が切り替わる。

切り替わった後のこの画面で、「スライドで電源オフ」をシャッと指でスライドするとよい。

iPhoneの電源をオフにする画面。

以上、参考になれば幸いです。

iPhoneをマナーモードにする方法。電源とバイブも。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。