iPhoneのAssistiveTouchで承認できない! の対処方法。ブログメモ デザイナー、コーチ、ディレクター|井川

igawa design.

Memo

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

AssistiveTouchで、iDの支払いができない!?

petsTouch IDからFace IDへ。

数年前からiPhoneの認証システムがTouch IDからFace IDへと変わってきている。顔認証なので指紋認証のホームボタンが無い。

困ったのが電子マネーの「iD」だ。

最近のiPhoneでは「AssistiveTouch」というシステムが導入されたようだが、これがよくわからなかった。

Touch IDの機種ではホームボタンからの認証で簡単にiD決済ができた。そのホームボタンの代わりがAssistiveTouchだと思ったが、そうではなかった。

以下、もしご参考になれば。

AssistiveTouchで承認ってなんなんだ?

↑この画面からApple Payに切り替わらない💦


AssistiveTouchはこれで解決。

pets色々調べたり試したりしたところ、結果これで解決。

iDでもQUICPayでも大丈夫です。

猫たちと、iPhoneのAssistiveTouchで承認できない! の対処方法。

ホームの画面から、「設定」 を押し、その中の 「アクセシビリティ」へ進む。

画面を少し下へスクロールすると、青い背景に人型のアイコンの「アクセシビリティ」がある。

(※オレンジの枠で括った部分。スクショはダークモード表示時のもの。)

iPhoneの設定画面。

「アクセシビリティ」 の画面から、 「タッチ」へ進む。

画面の中ほどに、青い背景に指のアイコンの「タッチ」がある。

iPhoneのアクセシビリティの画面。(タッチ)

「タッチ」の画面から、「AssistiveTouch」へ進む。

この画面の最初の項目に「AssistiveTouch」がある。

iPhoneのタッチの画面。(AssistiveTouch)

「AssistiveTouch」を設定。

するするっと一番下までスクロールすると、 「AssistiveTouchで承認」という項目がある。

AssistiveTouchの画面。(AssistiveTouchで承認)

ここで「AssistiveTouchで承認」を、オフにできる。

オフにした後、右側のサイドボタンをダブルクリックでiDやQUICPayなどの決済の画面が出れば、後はホームの画面へ戻ってOK。

(※ここの上下に、「サイドボタンで承認」や「Face IDでの支払いの承認や、サイドボタンのダブルクリックが必要な場合は〜」という説明が記載されている。

ぱっと見ちょっとややこしい気がするが、「AssistiveTouch」を使わなくても、Face IDやサイドボタンのダブルクリックで承認できる。)


支払いの際は、右側の物理的なボタン(サイドボタン、電源ボタン)をダブルクリックする。

決済用の認証画面が表示される。ここで、Face IDで顔認証か、パスコードを入力する。

iPhoneの決済の認証画面。

顔認証もしくはパスコードを入力。

すると、Touch IDで見慣れた画面、Apple Payの「リーダーにかざしてください」の画面になる。

AssistiveTouchで承認をオフ。その後のリーダーにかさしてくださいの画面。

あとは、レジに置かれているリーダーへかざせば決済可能です。


AssistiveTouchと認証について。

「ホームボタン」で行っていた操作が、「右側のボタン」のダブルクリックに変わった感じです。

  • 右側のボタンは「サイドボタン」や「電源ボタン」という名前。
  • 認証は「ボタン」ではなく「Face ID」で。もしマスクなどで顔認証が難しい場合は、パスコードを入力すればOK。
  • 「AssistiveTouch」は必須ではなく、オフにしても決済は可能です。
  • 参考: iPhoneのAssistiveTouchの、オンとオフの切り替え方法。

補足。「礼儀正しさ」とあるレジの店員さん。

1. 店員さんの態度。

当初はネット上でもなかなか情報が見つからず、あれこれと四苦八苦した。もしかしたら店頭の実機のリーダーじゃなければ切り替わらないのかな?とも思った。

そして実際に、たまたま人出の少ない深夜のコンビニに行ってみたところ、全然変わらなかったのでとても困った。

↓この画面のままで焦る。

AssistiveTouchで承認ってなんなんだ?

2. Get No Satisfaction.

コンビニの店員さんへは、機種変した旨を伝え、邪魔にならないように店内の隅の方で色々調べまくったが、その店員さんの態度が一気に冷たくなっていった。

上記の解決方法でようやく読み取りができ、待たせてしまったお詫びとして会計の際こちらから「ありがとうございました。」と伝えたが、一言も返答は無かった。

お店を出る時の、「ありがとうごまいました〜。」も無かった。。

assistivetouchで承認できない!

この辺りの店舗では、「iDでお願いします。」と伝えれば店員さんがリーダーの準備をしてくれるが、そこのお店だけは自分で(顧客側で)パネル操作をしなければリーダーがオンにならない。

接客の場での、カスタマーサティスファクション…
Mick Jaggerの、I Can’t Get No Satisfaction…

そんなことが頭の中ををよぎった。

もしせめて普通の接客態度だったら、私はかなりの確率でそのお店のリピーターとなっていただろう。

が、それ以来は行っていない。

いずれ、本当にレジから店員さんが消えるかもしれないなぁ。。


Edeka Christmas surprise – Germany
1. 笑顔になるサプライズ。

ちなみに、数年前のドイツのスーパー、EDEKAでの、クリスマス サプライズ。
これこそ、Win-Win。三方良し。
このようなことが起きると、人々は笑顔になる。

引用:MadOverAds

ホームページもとてもおしゃれ。
EDEKA https://www.edeka.de


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

お問い合わせ CONTACT..

    免責事項について

    • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
    • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
    • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

    個人情報について

    • 個人情報はお問い合わせやお客さま対応のみでの利用とさせていただいております。
    • こちらから営業目的でご連絡することはありません。
    • ご本人様の了解や、法に基づいた理由がない限り、第三者へ開示することはありません。