iPhoneで撮った写真を、HEICからJPG(JPEG)にする方法。デザイナー、コーチ、ディレクター / 井川

igawa design.

Memo

iPhoneの写真をHEICからJPGにする方法。

です・ます調の文章でなくてすみません。当初は個人的なメモ書きだったためです。

HEICからJPGへ。

iPhoneのカメラで撮った写真が、HEICという画像形式になることがある。

HEICという画像の形式は、容量が軽くかつ画質が良いというメリットがあるが、まだ普及していない。そのため一部のサービスなどでは使用ができない。

もしiPhoneで撮影した写真を、十分に普及している「JPG(JPEG)」で保存されるようにしたい場合は、「設定」からJPGにできる。

iPhoneの写真を、heicからjpgへ。


iPhoneのホーム画面から、「設定」へ。

手順としては以下の通り。

iPhoneのホーム画面の「設定」のアイコンをタップすると、画面が切り替わり、下記の「設定」画面になる。

画面を少し下へスクロールすると、銀色の背景に黒いカメラのアイコンの「カメラ」がある。

オレンジの枠で括った部分。スクショはダークモード表示時のもの。)

iPhoneの設定、カメラの選択画面。

iPhoneの「設定」 > 「カメラ」へ。

「カメラ」の画面に切り替わったら、次は 「フォーマット」を選択する。

iPhoneの設定、カメラ、フォーマットの選択画面。

iPhoneの「設定」 > 「カメラ」 > 「フォーマット」へ。

「フォーマット」の画面に切り替わったら、次は 「互換性優先」を選択する。

iPhoneの、フォーマットの設定画面。

設定は以上で完了。

次回から撮した写真は、JPG形式で保存される。

iPhoneで撮った写真をHEICからJPG(JPEG)にする方法。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いています。(元々はメモ書きでしたので順次見直し、更新しています。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、購入素材、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。