Google Tag Managerの設置場所は一体どこにすれば良いの? / いがわ

.

Memo

Google Tag Manager(GTM)とは?

Google Tag Managerとは、UA(ユニバーサル アナリティクス)に変わるアナリティクス(分析)ツールで、「サイトへのアクセス状態」がわかるもの。

Google Tag Manager
  • Googleアカウントさえあれば、無料で利用が可能。
  • 導入自体は比較的簡単にできる。ネット上にも情報が多い。
  • 企業サイトだけでなく、趣味でのブログサイトでも、多くの人たちに使用されている。
  • 現在のUAによるGoogleアナリティクスは、今年2023年7月に廃止となるので、GTMへの移行が必要。

「Google先生」や「ググる(Googling)」という言葉があるように、Googleは検索エンジン最大手でありかつ身近な存在だ。

Google Tag Manager(GTM)」はそんなGoogle社による無料ツールなので、ひとまず導入だけしておいて、後から見方を調べていくという流れでも全然OK。


Google Tag Managerを設置後、ページ読み込み速度が悪化。

Google Tag Manager設置後の影響。

GA4への移行に伴い、Google Tag Managerのコードをhead内へ設置したところ、サーバーや回線、もしくはサイト自体との相性が良くないのか、ページの読み込み速度が一気に遅くなった。

ちょこちょこと画像やコードを軽量化したり、数ヶ月ほど様子見をしていたが、改善しない。

それどころかサイト自体が固まってしまうこともあった。(複数のデバイスで確認)
これでは、せっかく訪問しようとしてくれた方々のページ滞在時間も悪化してしまう。

(滞在時間に関しては、文章がやさしい「です・ます調」でないことや構成力の問題かもしれない。当初はただのメモ書きだったのでその名残りです。)

サイトの読み込み速度を測る、PageSpeed Insights。

今回はクライアントサイトではなく自分のサイトだったので、Google Tag Managerの設置場所を変えて試してみた。


Google Tag Managerのコードを、head内からbodyの閉じタグ前に移動。

改善前(head内へ設置。)
実際のユーザーの環境で評価する

「First Contentful Paint」がレッドゾーンに入っている。かつ、「ウェブに関する主な指標の評価」が「不合格」となっているのが気になる。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

パフォーマンスの問題を診断する

「Speed Index」と「Largest Contentful Paint」も遅く、赤字となっている。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

レンダリングを妨げるリソースの除外

「第三者コードの影響を抑えてください」の項目で、Google AnalyticsとGoogle Tag Managerのコードが影響してしまっている。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。


改善後(bodyの閉じタグ前へ設置。)
実際のユーザーの環境で評価する

ここの部分は全く同じ結果が出た。相変わらず「First Contentful Paint」がレッドゾーンに入っており、「不合格」のまま。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。1月14日測定。

パフォーマンスの問題を診断する

「パフォーマンス」は改善し、「80」となった。

Tag Manager設置以前の数値に戻った。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。1月14日測定。

レンダリングを妨げるリソースの除外

「第三者コードの影響を抑えてください」も改善。Google AnalyticsとGoogle Tag Managerのコードは表示されなくなった。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。


アナリティクスは機能しているのだろうか?

タグマネージャーの設置場所。

本来であれば、「headの開始タグのなるべく近くに貼り付ける。」ということがクイック スタートガイドに記載されている。

参考:クイック スタートガイド  |  ウェブ トラッキング向け Google タグ マネージャー  |  Google Developers

しかし、今回のような場合は仕方がない。とりあえず割り切っていく。noscript用のコードも使用しない。

リアルタイムの概要

設置場所をbody閉じタグの前に移動後に、GA4の画面から「リアルタイムの概要」を確認してみると、とりあえず計測はできている模様。

Google Analyticsのリアルタイム状況の画像。

これでちょっと様子を見てみる。


その後の結果。
2023.09.01 追記)

概ね、改善されている。「ウェブに関する主な指標の評価」も「合格」になった。

そういえば、サーバー会社からサーバーが変わりました的なメールが届いていた。閲覧に不具合が生じたサイトもあったが、当サイトはその影響が良い方向に出たのかもしれない。

実際のユーザーの環境で評価する

劇的に変わっている。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。9月1日測定。

パフォーマンスの問題を診断する

まあまあ、及第点と言えそう。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。9月1日測定。

「パフォーマンス」は「80」 > 「71」だが、この程度の変動は時間帯によってよくあること。

2023.10.27 追記)

「第三者コードの影響を抑えてください」の項目に、再びGoogle Tag Managerのコードが表示されるようになっていた。

インターフェイスが若干変わっているので、Googleアナリティクスの仕様がアップデートされたのかもしれない。

読み込み速度に特に変化は見られなかったので、またこのまま様子を見ようと思う。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

計測のたびに、赤や緑になる。(緑の方が良い。)

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

その他はほぼ同様の結果。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

速度も同じくらい。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

計測もできている。

Google Analyticsのリアルタイム状況の画像。

デスクトップの方の結果。

PageSpeed Insightsの測定結果の画像。

UAによるアクセス解析は続々と終了へ。

旧UAの方もしばらくは計測できていたが、現在は終了となっている。

Google Tag Managerをhead内からbodyの閉じタグ前に移動してみた猫たち。

以上、参考になれば幸いです。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

井川 宜久 / Norihisa Igawa
デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。