イチローやジョン・レノンは天才?世の中に天才がいない理由。デザイナー、コーチ、ディレクター / いがわ

.

Memo

イチローやジョン・レノンは天才?世の中に天才がいない理由。

イチローやジョン・レノンに限らず、天才と言われる人が、自分のことを天才とは言っていない。

敬称略

各界の「天才」たちが失敗している。

野球のイチロー、物理学のアルベルト・アインシュタイン、発明家のトーマス・エジソン、音楽のジョン・レノン。

自分が知る限り、彼らは自分のことを天才とは言っていない。実際に…

  • イチローはインタビューで自分は天才ではないと否定しており、打率10割どころか4割も打っていない。
  • アインシュタインは光量子仮説や相対性理論という今でも通じる科学的根拠を生み出したが、量子力学を発展させていない。ブラックホールの存在も当初は否定的だった。
  • エジソンは蓄音機や電球など現代の生活必需品に結びつく数々のを大発明をしたが、パソコンを発明できなかった。
  • ジョンはビートルズでもソロでも数々の大ヒット曲があり、時代や国、地域を超えた人気があるが、売れていない曲もそれなりにある。

という事実がある。
(念の為ですが、あくまでも理論でのお話であり、自分は彼らの実績を尊敬しています。)

イチロー選手が振ったバットの回数は平均よりもかなり多いだろうし、アインシュタインの思考実験の数も尋常じゃないだろう。

エジソンにとって数々の失敗は成功に結びつかない方法の発見であり、ジョンの作詞はボブ・ディランと違い子供や日本人でもわかるような簡単な英語の組み合わせだが、純度が高く本質を捉えており、シンプルで素敵だ。

イチローは天才?世の中に天才がいない理由。

天才であれば、練習や勉強は必要ないはずだが。

もし本当に「天才」、「天から与えられた才能」なのであれば、わざわざ練習や勉強をしたりしない。ところが彼らはそれに反している。毎日のように練習や勉強をしている。

彼らが人より練習や勉強を多くしているのは、それが好きだからしているのだ。
好きだと言うことは、自分に向いている物事、だということだ。

なので基本的にストレスやプレッシャーが少ない。

イチローは相対性理論を書けず、アインシュタインは4,300本以上のヒットを打てず、エジソンはヒット曲を発明できず、ジョンは蓄音機を作れない。

イチローは野球が好きだから、勉強よりもスポーツを優先させたのだ。逆にアインシュタインは理論や物理が好きだから、スポーツよりも勉強を優先させたのだ。(アインシュタインはバイオリンも弾けるが、プロの演奏家ではない。)

ジョンにとって作詞作曲という作業は不可能ではなかった。

ただし、もしアビーロードのスタジオで、エジソンの蓄音機を発展させた最新式のレコードプレーヤーを発明することを求められたりしていたら、それは不可能かつ苦行でしかなかっただろう。

瞬時で断るはずだ。

エジソンは天才?世の中に天才がいない理由。


天才とは本人の意思の他、遺伝と生まれ育った環境が生む。

それがない地域に生まれたらそれはできない。

例えばイチローがジョン・レノンのように1940年のイギリスのリヴァプールに生まれていたら、野球選手にはなっていなかっただろう。

リヴァプールでは近所で野球をして遊んでいるお兄さん達はおらず、テレビで野球放送もされておらず、少年野球もバッティンセンターもない。

そのような環境では、将来的にメジャーリーグでMVPとなるような選手はいくら努力をしても育ちようがないのだ。

レノンは天才?世の中に天才がいない理由。

これも逆に、もしジョンが1973年の日本の愛知県の豊山町に生まれていたら、ポールとジョージに会えず、リンゴとも会えない。

その後のブライアン・エプスタインやジョージ・マーティン、ジェフ・エメリックとも出会えない。

また、日本語で育つので、英語で詩を書いたり歌ったりできない。

欧米に家族親戚がいたりプロにつながる人脈がある可能性もかなり低いので、どんなに良い曲でも世界的なヒットとなることは極めて困難だ。

イチローとジョンは、2人とも男性で身長が約180cm、比較的スリムで手足が長いという遺伝要因が大きいと言われる身体的共通点がある。

が、生まれた時期と場所が違えば能力はまるで違う。つまり、必ずしも天才(天から与えられた才能)、ではないのだ。

天才?世の中に天才がいない理由。

天才は名詞だが、むしろ形容詞。

天才(Genius)とはあくまでも「形容詞」的な表現であり、「めっちゃすごい」、「Marvelous」と言うようなものだ。

自分は天才じゃないからとすぐに諦めたり、逆にただがむしゃらにそこを目指すのというのものではない。

自分の置かれた環境下を見極めた上で、自分が好きなものを伸ばしていった最大の延長線に、「天才」という「表現」があるだけだ。

なので、別に天才である必要はない。

普通の少し上くらいが妬みややっかみがなくちょうどいいともいう。

天才なんて、そもそも存在しないのだから。

アインシュタインは天才?世の中に天才がいない理由。


Webデザインは実務数年、職業訓練校講師数年、フリーランス数年、計15年以上のキャリアがありますが、一気にがぁっと書いているので「です・ます調」ではありません。(元々はメモ書きでした。) 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ訂正いたします。 写真は主にUnsplashPixabayのフリー素材を利用させていただいております。その他の写真や動画もフリー素材やパブリックドメイン、もしくは自前のものを使用しております。

デザイナー、ディレクター、講師、コーチ / 井川宜久

免責事項について

  • 記事ページ(Memosのページ)は当初は文字通りメモ書きでした。その後、修正や更新をしております。
  • 事実や経験、調査や検証を基にしていますが、万一なにかしら不備・不足などがありましたらすみません。お知らせいただければ早急に対応いたします。
  • 一個人のポートフォリオサイトですので、万一損害・トラブル等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。